3.21.2019

セミナー
中村書体と筑紫書体

4月21日に、名古屋の国際デザインセンターで「名古屋意匠勉強会ナルホ堂」と「フォントプラス」のコラボレーションセミナーとして、「中村書体と筑紫書体」を開催します。「ゴナ」「ナール」他多数の名作書体を生み出している中村征宏さんと、今話題の筑紫書体の作者、藤田重信さんをお招きして、自身の制作した書体について語っていただきます。さらに、中村さんと藤田さんの対談も開催します。
このセミナーは「フォントおじさん」でおなじみ関口浩之さんの協力により、実現しました。
愛知県出身者には、凄いタイポグラファ(書体デザイナー・グラフィックデザイナーなど)がとても多いにもかかわらず、タイポグラフィに関するイベントやセミナーが少ない現状をどうにかしたい、と考えてずっと活動してきましたので、嬉しい限りです。

3月19日に募集を開始したところ、反響が大きく、3月21日現在で多数の申込みをいただいています。先着順なので早めの申込をお勧めいたします。
今回のフライヤーでは、どうしても「ゴナ」「ナール」を使わねば! というこだわりで、写植アウトラインサービスを利用しました。その他の部分は「ハイパースクエア(中村さん作)」と「筑紫書体」を使用しています。イラストはおなじみ安楽雅志さん。書体には詳しくないにもかかわらず、セミナーのコンセプトを見事に表現してくれました。

「名古屋意匠勉強会ナルホ堂」は、昨年から開催している「そうさす・TIPTOP・ひげラク図絵社」の合同セミナーシリーズから発展し、クリエイター向けのイベントやワークショップ・セミナーなどを積極的に開催するユニットとして活動を始めます。

「日本語デザイン研究会[中部]」は、「ナルホ堂」イベントをメインとして活動しますが、加納佑輔個人の活動として今後も継続します。

ナルホ堂ロゴマーク
(マーク:中森浩二/ロゴタイプ:加納佑輔)

マーク部分は中森浩二さん(TIPTOP)作。「!」「?」マークを融合させたアイデアで、クリエイターの驚きや発見を表現しています。文字部分は加納佑輔(そうさす)作で、ダジャレっぽいネーミングを「ちょっとまぬけ」な感じでレタリングしました。下部の「名古屋意匠勉強会」部分は「UD角ゴC80」を加工したものです。

【ダウンロード】
フライヤーデータ

【お申込】
申込みフォーム


【関連リンク】
フォントワークス/4/21(日)名古屋意匠勉強会ナルホ堂主催「筑紫書体と中村書体」に藤田重信が登壇します
FONTPLUS/4/21(日)『中村書体と筑紫書体講座』を共催します(powered by FONTPLUS DAY in 名古屋)

3.11.2019

UVインクジェット
プリンタ
出力実験

2019年3月6日に、名古屋のクリエイティブビジネススペースコードにて「UVプリンター活用術セミナー」が開催され、「UVプリンター実例・提案」のコーナーで参加しました。今回はローランド社製のUVプリンターでした。

以前からUVインクジェットプリンター(違うメーカー製ですが)は、名刺など自分用のツールに活用していたのですが、この機会にいろいろ試してみようと考え、今回は今まで使用したことのない紙やクリアインキ(透明ニスのようなもの)で出力してみました。

今回使用した紙は「グリスター」の「ゴールド」。表面はゴールドで裏面が黒い、すこし変わった紙です。

出力結果です。

グリスター・ゴールド表面
通常印刷に、「亥」「2019」部分のみクリアインキ 

グリスター・ゴールド裏面
通常印刷・ホワイトインキ、「亥」「2019」にクリアインキ

同じクリアインキでも、使用した紙の質感と、通常のインキの上に乗せる場合と、ホワイトインキ+通常インキ(この場合赤)の上に乗せる場合で、かなり仕上がりが違いました。表面は思った通りの出力結果でしたが、裏面は意外な結果となりました。

裏面拡大
クリアインキ本来のなめらかな質感ではなく、
所々インキが浮いて、ボコボコした表面に

私以外の参加者でも、思うようにインキが載らなかったり、染みこんでしまったりしたケースがあり、UVプリンターにも色々な課題があると感じました。
これが滑らかなアクリル板や、スマホケースなどだと、きれいに出力され、グッズの製品としての品質は十分にあると感じました。一応、「プライマー」と呼ばれる下地処理剤を前もって塗布すればインキの乗りは格段に良くはなるのですが、相性の悪い素材だとそれでも厳しい物もありました。

小ロットでも、高品質で様々な素材に印刷できるUVプリンターは、色々な可能性があるように思いました。今回の「実験結果」はローランド社さんに共有され、欠点も改善されてゆくことと思います。



2.09.2019

とっぽいゴシック
フライヤー制作しました

フリーフォント配布で有名な、フォントダスさんが先日発表した仮名フォント「とっぽいゴシック」の組み見本兼フライヤー制作を、お手伝いしました。


「とっぽいゴシック」は、東京築地活版製造所の初号ゴシックを元にして制作された、過去の様々な書体を参考に、「い」「お」「と」などの一部の仮名や「!」「?」などに数種類の異体字を盛り込んだ意欲的な書体です。

デジタル書体ではあまり見られない、各エレメント処理があったり、拗音促音が小さかったり、ゴシック体なのに、明朝系の句読点を収録していたりと活字好きのツボを捉えた書体だと思います。
6種類のフライヤーそれぞれを見ることで、どんな異体字が入っているか、ある程度わかると思います。

仮名書体なので「合成フォント」機能を使って、漢字がある書体と組み合わせる必要がありますが、やはり活版由来ということもあり、オールド系のゴシック体との組み合わせがオススメです。フライヤーでは、オールド系、スタンダード系を含む6種類のゴシック体との組み合わせを提案しています。それぞれ比べてみて使用時の参考にして下さい。

とっぽいゴシックは「フォントダス」初の有料フォントだそうですが、これだけたくさんの異体字が入っていて、1000円は安いです。異体字がない「フリー版」もありますので、まずはそちらで試してみるとよいかもしれません。

◉関連リンク
とっぽいゴシック(フォントダス)
フォントダス
Japaaan(紹介記事)







12.28.2018

フリーランス向け
セミナー

今回はタイポグラフィ関連ではないのですが、私が企画で参加しているセミナーシリーズでおすすめのセミナーが開催されるので、紹介します。

クリエイターのための
フリーランスサバイバル講座
日時:2019年1月23日(水)
会場:クリエイティブスペース コード(名古屋市中区)

講師の安楽さんは、美大や専門学校で学んだこともなく、自分でイラストの実力アップ、自ら営業もこなし、現在は『イッテQ!』や『ビビット』などのメジャーなテレビ番組のイラストを担当したり、絵本『カレー地獄旅行』をヒットさせるなど、活躍の幅を拡げています。

今回は、どのようにして今のような活躍ができるようになったのかを、体験談として安楽さんに語っていただきます。先日、全体の概要を聞きましたが、これはフリーランスだけでなく、サラリーマンにも役立つ内容だと思いました。
普段はなかなか聞くことができない、価格交渉や金額の決め方などもあります。
おすすめの講座です。

さて、今回のフライヤーですが「サバイバル」というタイトルもあり、暑苦しいデザインを意識して制作しました。


【使用書体】
筑紫ヴィンテージ明朝
筑紫C見出明朝
A1ゴシック
クナド
ヱナ
味明築C
味明秀V
かもめ龍爪

【ダウンロード】
フライヤーデータ

【お申込み】
申込みフォーム

11.27.2018

12月のセミナー

12月13日にフェローズさんの名古屋支社にてセミナーを開催します。
内容は、デザインのクオリティをさらにアップさせるための、書体の選び方と組み方を中心とした話となる予定です。対象は学生・新人デザイナー、これからタイポグラフィの勉強しなおしたいプロの方、などとなります。

興味のある方は下記にてお申し込みください。
お申し込みページ

11.24.2018

2019年カレンダー

恒例のカレンダーも今回で5回目です。

はたしてどれだけの人がこのカレンダーをダウンロード・使用しているのか、確認していないのですが、自分で使うためのものなので制作、今回もデータを公開します。

コンケラーシリーズにプリントしてみました

今回もいつもと同じように「インテリアの邪魔にならないデザインであること」に重点を置き、さらになるべく新しいフォントを使用するようにしています。

基本的にカレンダーは、インテリアにとってマイナスになることが多いと感じています。この時期にいつもカレンダー売り場を見るのですが、本当によいデザインのカレンダーはとても少ない気がします。これは金具や中綴じ仕様など、カレンダーの構造的な問題・制限もあると思います。
このカレンダーは、穴を空けてピンで壁に掛けるだけというとてもシンプルなものです。今回はPDFデータに穴開け用のポイントを入れておきました。3ミリ穴の穴開けパンチを使用することをお勧めします。

気に入ったらプリントアウトして使ってみて下さい。


使用書体

月漢字   …味明モダン
月かな   …味明 TA-行
月数字   …Didonesque Ghost
月英語   …筑紫Aヴィンテージ明朝L
年・日数字 …Orpheus
祭日名   …筑紫Bヴィンテージ明朝S



◉ダウンロード
2019カレンダー(A4サイズ)

※データのダウンロード、プリントアウトはご自由にどうぞ。営利目的の使用は不可とします。データの改変も不可です。

11.20.2018

草叢BOOKSさんでの
セミナー

前回のエントリで告知していた10月18日の『クリエイターのためのタイポグラフィ入門講座』は、名古屋の中心地から少し離れた場所で、平日にもかかわらず、25名の受講者が集まりました。そのうち10名程度が学生さんであったことが嬉しかったです。
内容はこれまでのセミナーを開催してみた感触をふまえて、実用性の高い内容を増やしたりしました。
全体として、初心者向けとはいえプロを対象としているので、学生には難しい部分も多かったと思いますが、終了後に「すごく面白かった」などの感想をいただきました。これがきっかけとなり、タイポグラフィに興味を持ってもらえたら、と思います。

今回のセミナーに限らず、私が登壇するセミナーは「初心者向け」で「タイポグラフィに興味を持ってもらう」ことに重点を置いています。ここでいう「初心者」は学生や、ウェブデザイナー、新人デザイナーなどです(とはいうものの、ベテランデザイナーでも「知ってるつもり」になっていて、実は文字組みや書体についてあまり勉強をしていないケースも多く見られます)。そのため、告知チラシのデザインや文章などはタイポグラフィをバリバリやっている方には、疑問に思うこともあると思います。今回のセミナーも、タイポグラフィは楽しいものであり、デザインをやるうえで役に立つ技能であることを前面に押し出し、「とっつきにくさ」をあえてなくそうという方向性です。


今後もこのようなセミナーは続けていきます。次回は12月13日にフェローズさんで行います。内容が確定したらこのブログでもお知らせします。